過剰な競争は無視する

Pocket
LINEで送る

塾は基本的に競争させます。

競争させることで、子どもたち以上に保護者のみなさんにモチベーションをもってもらうためです。

順番や偏差値が出ると、我が子の数字は当然気になる。もっと上げないと、という気になるものです。

「別にどうでもいい」と思っておられる方は少ないのではないでしょうか。ただ、いろいろ指摘があるように、この数字は合格を保証するものではない。

中学入試は一発勝負ですから、本番で合格点がとれれば、過去どんな順位であろうと偏差値であろうと関係がないのです。

で、その数字に毎月振り回されないようにすることが大事です。

特に6年生は目標の入試に向けてそろそろ視点を切り替えていった方が良いでしょう。実際に塾も入試が近づくにつれて、組み分けの頻度が減っていったりする。つまり競争はそれまでの間のモチベーションづくりでしかないので、その結果として過度に子どもたちにいろいろな要求を突きつけないようにしてください。

子どもたちは同じところにはいません。

6年生の後半になってくればやがて眼の色が変わってきますから、それまでやるべきことを絞って日々確実にできることを積み重ねてもらえればと思います。


受験で子どもと普通に幸せになる方法、本日の記事は
塾の先生と相談しよう


算数オンライン塾
5月15日の問題


フリーダムオンライン-お知らせ-
夏期講習のお知らせ






【塾でのご利用について】
フリーダムオンライン WEBワークス OEMのご案内

読んでいただいてありがとうございます。
にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(指導・勉強法)へ
にほんブログ村

Pocket
LINEで送る

カテゴリー: 2023年受験に向けて パーマリンク