おすすめ投稿

メールマガジン「中学受験 田中貴.com通信」のご案内

平成23年12月から中学受験 田中貴.com通信を月刊で発行します。
このメールマガジンでは、学校情報、塾情報、学習アドバイスなど、適宜 掲載してまいります。→見本
ご購読希望の方は以下より、ご登録ください。無料です。
塾に通わずに志望校に合格するノウハウも、適宜掲載しております。

なお、ご購読中止の場合も以下よりご送信ください。

田中貴.com通信登録フォーム


登録解除フォームはこちらから

女子校→共学の流れはほぼ終わり

以前は、圧倒的に女子校が多かったのです。

だから、中学受験の男女バランスは悪かった。男子は難しく、女子はどこかに入れる、という感じだったわけですが、やはり、少子化の進行で女子校は経営が危なくなってきた。

そこで男女共学化が進んだわけです。

多くの女子校が共学化され、一巡した感じ。

この先、あとは共学校としてちゃんと生き残れるか、が課題になっているわけですが、名前が変わっても教育の質が変わっていかないと、やはり生き残れないでしょう。


受験で子どもと普通に幸せになる方法、本日の記事
考えて、わからないから、答えを見て写す


フリーダムオンラインブログ  お知らせ
夏期講習のキャンセル待ちについて



【(株)邦学館からのお知らせ 】
WEBワークスを塾・個別指導でご利用いただける「フリーダムスポット」のご案内





第606回 附属校の方が進級は厳しい

■  受験校と附属校で比べると、附属校の方が進級が厳しい。

■  同じ附属の高校に上がるのにも、いろいろ条件がついてくる。これは、実は附属校同志で競争が起きているからです。

■  同じ大学においても学部の差があるから、その枠をどう取るかは、各校がしのぎを削ることになる。

■  つまり入った後、どうもあの学校の子はできないな、ということになると、その次に支障が出てくるから、がんばらせる。

■  結果として、高校進学時に1クラス分いなくなる。という学校もあります。

■  一方受験校はついていけなくても、上げる傾向が強いので、いよいよできなくなる、という面もありますが・・・。


中学受験で子どもと普通に幸せになる方法、本日の記事は
とにかく飛ばす学校


中学受験を2年間でオンライン塾と模試だけで合格させるパパママ塾「田中貴社中」
少子化で学校は減る


中学受験 算数オンライン塾
5月30日の問題


【塾でのご利用について】
塾でWEBワークスをご利用いただける「フリーダムスポット」のご案内



最後に笑うのは・・・

漢字でも計算でも、暗記でも、そうなのですが、とにかく少しずつしかし毎日やる、ということは飛躍的に力を伸ばします。

例えば1日3題の計算を毎日やれば1年で1000問以上の問題を解くことになる。

1日4個のことがらを覚えれば、1年で1500近くのことが覚えられることになる。

つまり少しずつ、しかしずっと継続することができれば、実は大変なことができるのです。一気にたどり着くことはできなくても、少しずつ目標には近づいていくことなる。

実は一気に問題が片付くことはあまりない。

問題を分けて、少しずつ解決していくと、最後に全部解決する、ということは結構あるもので、そういう意味で継続する力を養って、その効果を知ることができれば、子どもたちの人生はまだまだ長いので、いろいろなことができるようになるでしょう。

まず1つ、毎日やる、ということから始めてみると良いかもしれません。


受験で子どもと普通に幸せになる方法、本日の記事
英語入試


フリーダムオンラインブログ 5年生の担任から
〜年生までに



【(株)邦学館からのお知らせ 】
WEBワークスを塾・個別指導でご利用いただける「フリーダムスポット」のご案内