第603回 本人は一生懸命のはず

■ 親から見ると、どう考えても、勉強しているとは思えない子。しかし、本人は結構勉強していると思っています。

■ なぜか?

■ 塾に行っているから。親の勘定の中に、塾での勉強時間は多分含まれていない。そんなの、みんな同じじゃないかと思うからです。

■ しかし、子どもからすれば、学校から帰って遊びもせず、すぐに塾に向かって、夕飯もしっかり食べられないまま、勉強している。

■ それで勉強していない、と言われると心外なところがあるでしょう。こういうところ、ちゃんとコミュニケーションをしてみないとわからないところ。

■ 本人は結構勉強していると思っていますから、上手に話をしていかないと、バトルに火が点きやすい状況になります。



受験で子どもと普通に幸せになる方法、本日の記事
授業で解説しない問題って・・・


フリーダムオンラインブログ お知らせ
フリーダムオンライン 中学受験チャンネル



【(株)邦学館からのお知らせ 】
WEBワークスを塾・個別指導でご利用いただける「フリーダムスポット」のご案内





習い事の選択

小さい時は2つ、3つと習い事やスポーツをしていたが、さすがに中学受験の塾が始まると、全部やる、というわけにもいかない。

じゃあ、少し絞ろうか、というのは、当然のことだとは思います。

ただ、やはり良くお子さんと話し合わないといけない。

じゃ、これもうやめね、と決めてはいけません。本人が納得しないと、いろいろなところでストレスをためる。

それで、学校でいじめを始めた子もいました。

スポーツとか習い事は確実に、子どもたちのストレスを解消する部分があります。ただ、運動すると、疲れるから勉強にならないという考えもあるでしょうが、しかし、そう勉強ばかりもしてられない。

最後まで野球やサッカーをやり続けた子もいますから、まずはいろいろ話し合って、落とし所を見つけましょう。ただ、全部止める必要は当然ありません。


中学受験で子どもと普通に幸せになる方法、本日の記事は
記述が書けない子


中学受験を2年間でオンライン塾と模試だけで合格させるパパママ塾「田中貴社中」
速さとグラフ


中学受験 算数オンライン塾
4月18日の問題


【塾でのご利用について】
塾でWEBワークスをご利用いただける「フリーダムスポット」のご案内



ポイントは「比と割合」前の「分数と小数の計算力」

中学入試の大きな分岐点は「比と割合」です。

ここから、一気に入試に出題される問題を扱っていくことになり、さらには速さや相似形など、比を使って解いていく、算数独特の勉強が始まっていきます。

で、そこでの理解に欠かせないのが「分数と小数の計算力」

ところが、塾のカリキュラムでは、これはあまり長くないというか、ちゃんと扱っていない。

まあ、当たり前にやり方を教えてしまうと、あとは練習しかなく、それを授業でやり続けても、子どもたちが飽きてしまうので、あっという間に通過します。

しかし、じゃあ、子どもたちは分数や小数の計算ができるようになったのか?と言えば、そうでもない。

なので、早くから塾をスタートさせて、ここを事前にやりましょう、みたいな話になるわけです。

ただ、計算ですから、まあ、ちゃんと練習を進めていけば、できるようになるわけで、それを早くからやる必要もない。

小数や分数の計算を取り扱うようになったら、やはり毎朝3題の計算練習をしっかりやっていくことが大事です。

結局早くから始めても、その基礎練習が積み上がらなければ、やらない方がましだった、ということになりかねませんから。



受験で子どもと普通に幸せになる方法、本日の記事
準備が長いと合格しやすいのか?


フリーダムオンラインブログ 6年生の担任から
オンライン個別指導のメリット



【(株)邦学館からのお知らせ 】
WEBワークスを塾・個別指導でご利用いただける「フリーダムスポット」のご案内