案外読めていない

国語の読解演習をしていて、どうも読み取りがおかしい、と感じる時があります。

例えば物語文で人間関係がおかしい。

「え、文平はお父さんじゃないの?」
「友だちでしょ?」
「うそ」
みたいなことが起こるのです。どこで、何をどう間違えてのか、いったん思い混むと頭が切り替わらない。

「どうりでおかしいと思った」
といっているが、勝手にどんどん話がすり替わっていって、本人独自の物語になったりするものです。

どうもおかしいな、と思ったら、内容をしっかり確認してあげた方が良いでしょう。結構それで時間を無駄にしていたりしますから。


2019-2020 合格手帳12ー1月号を差し上げています。
以下からお申込ください。
無料です。
2019ー2020合格手帳6年生入試直前号申し込み

2019ー2020合格手帳4.5年生12-1月号申し込み



Newフリーダム進学教室からのお知らせ

冬期講習のお知らせ


受験で子どもと普通に幸せになる方法、本日の記事は
4・5年生用合格手帳


6年生の教室から
どこで止めるか


慶應進学館から
一番出題される時代は?


最後の追い込みにご利用ください。

「映像教材、これでわかるシリーズのご案内」(田中貴)


4年生の保護者のみなさまへ  中学受験パパママ塾「ONE」のご案内




にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(指導・勉強法)へ
にほんブログ村

カテゴリー: 2020年受験に向けて | 案外読めていない はコメントを受け付けていません。

4・5年で成績が上がらない理由

4・5年生で、子どもの成績が上がらない理由はいくつかあります。

例えば、授業中に先生の説明を理解できていない。多くの塾では、各科目の先生がその週の内容について説明をすると思うのですが、しかし、その内容を聞き取れていない、中身がわかっていないという子が案外多いのです。

実際に今日は何を習ったの?と聞いてみても内容をちゃんと話せなかったり、ノートを見ても何が書いてあるのかわからない、という子がいます。これは、基本的にちゃんと授業を聞く力がない。ないにもかかわらず、授業に出ているから、さらにわからなくなっているのです。まだ十分に授業を聴き取る力がない段階から塾に行き始めて、そのままになっているとこういう状況が生まれます。

その意味では映像授業の方が便利、ということもある。映像は何回も同じことを言ってくれるわけだから、わからなければもう一度視聴することができるわけで、そういう練習をしっかり積んでから塾に行かないと効果がない。

文章の意味がわからない、という子もいます。

昨今は英語ブームですが、私は早くから小学生が英語をやることにはあまり賛成しない。母国語すらまだしっかりしていないのに、英語に進んでも文章構成力がないままになってしまう。まずは日本語でしっかり文章を読み、その意味をくみ取れ、また自分の言いたいことをちゃんと表せるようになってから、次の言語に進むべきだと思いますが、どうもそういうことにはなってないらしく来年からは英語が小学校5・6年でも正課になる。

ますます日本語がわからない小学生が増えるのではないかと心配していますが、文章の意味をまずちゃんと理解できるように練習をしていく必要があります。

なぜ成績が上がらないのか、というのを本来はもっと細かく分析して、解決していかないといけないのです。

塾に行っていれば大丈夫、ということには残念ながらならない。家庭が動かないと問題が解決されないことは多いので、まずは我が子の様子をしっかり把握することから始めてください。



2019-2020 合格手帳12ー1月号を差し上げています。
以下からお申込ください。
無料です。
2019ー2020合格手帳6年生入試直前号申し込み

2019ー2020合格手帳4.5年生12-1月号申し込み


最後の追い込みにご利用ください。

「映像教材、これでわかるシリーズのご案内」(田中貴)


Newフリーダム進学教室からのお知らせ

冬期講習のお知らせ


受験で子どもと普通に幸せになる方法、本日の記事は

ミスをしない子


5年生の教室から
理屈を理解する


算数オンライン塾
11月11日の問題


4年生の保護者のみなさまへ中学受験パパママ塾「ONE」のご案内




にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(指導・勉強法)へ
にほんブログ村

カテゴリー: 2021年受験に向けて | 4・5年で成績が上がらない理由 はコメントを受け付けていません。

子どもは元々勝負事は好きだが・・・

特に男の子同士の会話を聞いていると、「それ、おれの方ができた」とか「お前よりは早かった」とか何かと比較して喜ぶ資質はあるものです。

ただ、それは大したことではないし、そんなに真剣に話しているわけでもないのです。

しかし組み分けは違います。結果は張り出されるし、席は決まるし、お父さん、お母さんにも点数が知られるし・・・。

それで良い結果が出ていれば、まあ本人もそれなりに続くのですが、負け続けてしまうと、気持ちがどんどん落ち込み、自信もなくしてしまう。

だから、競争に参加するのは良いが、良く良く状況を見て、一旦手を引いても良いと考えていいのです。何、あとから成績が上がってきて、上位の点数を出せばどんな塾でも暖かく迎えてくれるでしょう。だから、問題は本人の気持ちを折らせないようにすることなのです。

いますでに4年生も5年生も競争の生活を送っていると思いますが、つねに子どもたちのメンタルに気をつけてください。

平気な顔をしているようで、相当ストレスをため込んでいる子も多いですから。


2019-2020 6年生用合格手帳入試直前号を差し上げています。
以下からお申込ください。
無料です。
2019ー2020合格手帳6年生入試直前号申し込み


Newフリーダム進学教室からのお知らせ

冬期講習のお知らせ


受験で子どもと普通に幸せになる方法、本日の記事は
よくがんばったなあ、と思える準備をする


6年生の教室から
骨折とインフルエンザ


慶應進学館から
印象に残ったことは?


最後の追い込みにご利用ください。

「映像教材、これでわかるシリーズのご案内」(田中貴)


4年生の保護者のみなさまへ  中学受験パパママ塾「ONE」のご案内




にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(指導・勉強法)へ
にほんブログ村

カテゴリー: 2021年受験に向けて | 子どもは元々勝負事は好きだが・・・ はコメントを受け付けていません。