第438回  この前やったばかりじゃない!?

Pocket
LINEで送る

■ 子どもたちの勉強を見ていると、この前やった問題ができない、ということはしょっちゅうあります。

■ 土台一度習ったことはちゃんとできる、というような子はあまり多くはありません。そんなのは、理想論でしかない。みんな、忘れたり、勘違いしたりしていて、それを何回か繰り返すことで、ようやくできるようになるものなのです。

■ だからお父さん、お母さんが教えていて、このまえやったばかりの問題ができなかったからといって非難してはいけません。

■ もしそこで怒ってしまうと、子どもは怒られるのがいやだから、わからないとだんだん言わなくなる。

■ わかっていないことでも、わかっているフリをするようになるのです。

■ そうなると、わかっていないことを探すのがまた難しくなる。だから、できなかったらもう一度教えればいい、もう一度勉強すればいい、と考えることです。

■ 決して怒ってはいけません。



【NEW!】フリーダム進学教室からのお知らせ

2020夏期講習のご案内

2020 合格手帳夏休み特集号を差し上げています。

無料です。
2020 合格手帳夏休み特集号申し込み【5年生用】
2020 合格手帳夏休み特集号申し込み【6年生用】


受験で子どもと普通に幸せになる方法、本日の記事は
子どもは親の期待に応えたい


6年生の教室から
避ける工夫はして良い


算数オンライン塾
7月16日の問題


4年生の保護者のみなさまへ中学受験パパママ塾「ONE」のご案内





「映像教材、これでわかるシリーズのご案内」(田中貴)

【塾でのご利用について】
フリーダム進学教室 WEB学習システムOEMのご案内

にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(指導・勉強法)へ
にほんブログ村

Pocket
LINEで送る

カテゴリー: パパママ先生合格術 パーマリンク