第367回 得意だと思わせるコツ

■ 毎月月例テストや組み分けテストがあると、成績が出てくるので、その成績を見ている限り、得意な科目はない、ということになりかねません。しかし、それではいけない。やはり子どもには自信を持たせる必要がある。

■ 君は算数ができる、と思わせていくと、勉強するようになるものです。これは多少なりとも暗示をかけないといけないところがある。たとえ組み分けの成績が悪くとも、「君はできる」と思わせないといけない。

■ 勉強すれば、できるようになるのです。何事も研鑽を積めばそれなりに力はつく。だから、そのモチベーションをどう持たせるか、工夫しないといけない。そのために才能を認めることから始めるのです。

■ 私は問題が解ける度に、「できるねえ」ということにしています。「なかなか力がる」とも言いますし、「よく考えた!」と答えが間違ってもいうことがある。ひとつひとつが次の問題に向かうためのステップであって、そうすると段々、自分は算数ができるのではないかと思うようになってくる。

■ 思えば、次もできるかな、と思うようになる。そうするとまた力がついてくるのです。だから褒めないといけない。

■ 組み分けテストのデータが悪かったら、棚上げすることも大事。それよりも意欲を失わせないように注意してください。


Newフリーダム進学教室からのお知らせ
春期講習のお知らせ


【無料】春の合格手帳、差し上げます。


2020オンライン慶應入試説明会のお知らせ


受験で子どもと普通に幸せになる方法、本日の記事は
ドジノートで勉強量をコントロールする


6年生の教室から
国語は深さを大切に


算数オンライン塾
3月8日の問題


新4年生の保護者のみなさまへ  中学受験パパママ塾「ONE」のご案内



にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(指導・勉強法)へ
にほんブログ村

カテゴリー: なおなお母親講座 パーマリンク