第387回 答えの扱いは慎重に

Pocket
LINEで送る

■ 最初は問題がわからないから、答えを見る、のです。

■ しかし、ここに答えがある、ということは、さっさと終わってしまう、あるいはできてほめられる、という誘惑のもとでもあります。

■ 子どもたちの力というのは教えていればわかるし、例えば記述の答えが解答とほぼ変わらない、ということになってくると、もうそれは明らかに答え写しが始まっている、と見た方が良い。

■ とはいえ、答えを見ないと先に進まない。答えを出す方法をすでに子どもが知っている、ということになると、あとは子どもの意識の問題になる。

■ ただ、答えを写していても何にもならない、ということは理解できないかもしれない。自分は答えを見ながら理解しているのだから、別に勉強をしているのと代わりないのではないか?と思いがちです。

■ しかし、まったくできるようにはならない。自分で考えない以上、力はつかないのです。

■ せっかく時間もコストも使って、ただ答えを写しているだけにすぎない練習にならないように気を付けてください。

■ よくできているときは要注意です。

Newフリーダム進学教室からのお知らせ

2019年度夏期講習のお知らせ

New【無料】合格手帳「夏休み特集号」を差し上げます。


受験で子どもと普通に幸せになる方法、本日の記事は
こんな問題、できるのか?


5年生の教室から
5年生、これからの難敵


慶應進学館から
ミスが一番怖い


4年生の保護者のみなさまへ  中学受験パパママ塾「ONE」のご案内




にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(指導・勉強法)へ
にほんブログ村

Pocket
LINEで送る

カテゴリー: なおなおパパママ講座 パーマリンク