基本問題集を端折る

模擬試験の結果を見ていると、結構、簡単な問題から落としている、というケースがあるでしょう。

この夏休み、やはり基本をやりなおした方が良いかもしれない、とつい考えてしまいがちです。で、志望校でその種類の問題が出る学校であれば、もちろんそれで良いと思うのですが、受験する学校ではほぼ、そういう問題はお目にかからないというケースがあり得ます。

だからといって基本はしっかりした方が良いのだけれど、実際に基本問題集といえども300問近くあるものがほとんど。1日6問ずつやっても50日かかる。もっとたくさんできるかもしれませんが、そうなると果たしてちゃんと確認できるかどうか、疑問符がつく。

結果として、応用問題に取り組む時間が夏はなくなってしまった、という場合も出てきます。

だから、時間の使い方を良く考えないといけない。応用問題しか出ない、という場合はやはりその応用に取り組んでいきながら、基本を確認していく、ということも考えないといけないのです。

何でも全部やれば良い、ということではない。ここでしっかり計画を立てて、何をやって、何をやらないのか、絞り込んでください。

フリーダム進学教室からのお知らせ

2019年度夏期講習のお知らせ

New【無料】合格手帳「夏休み特集号」を差し上げます。


受験で子どもと普通に幸せになる方法、本日の記事は
個の成長に違いがある時期


6年生の教室から
塾の先生と話を密にする


算数オンライン塾
7月16日の問題


新4年生の保護者のみなさまへ  中学受験パパママ塾「ONE」のご案内




にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(指導・勉強法)へ
にほんブログ村

カテゴリー: 2020年受験に向けて パーマリンク