受験心得

新4年生の保護者のみなさまへ  中学受験パパママ塾「ONE」のご案内

朝日小学生新聞「ゴリラ先生、中学受験を斬る!」

いよいよ入試です。受験心得をみなさんに。全部で10項目あるので、残りはWEBでご覧ください。

(1)まず全体を見渡そう。何問でているか、最後は何番か。自分のできそうな問題から始めるのがコツだ。

→ここが最後だと思ったら、あと一ページあったなどということがないように。
中学入試は合格点をとる試験。全体を見渡して、自分ができそうな問題からスタートしましょう。

(2)問題はよく読もう。ミスは「できた」と思ったときに、犯しやすい。答えが出たと思ったら、もう一度、問題を確認しよう。特に単位に気をつけて。

→算数では答えが割り切れたときが要注意。できたと思わず、問題を確認してください。「正しいものを選ぶのか、正しくないものを選ぶのか」勝手に思い込まないで、問題文で確認しましょう。

(3)字はていねいに書こう。計算は消さずに残して、その場で見直そう。後での検算より、その場の検算。

その場でちょっと見直すだけで、ミスはかなり減らせるものです。慌てて、やらないように、問題を良く見て解きましょう。

(4)間違えたと思ったとき、すぐ全部消さないこと。使えるところがないか、一度は考えよう。

→使えるところは使った方が時間が短縮できる場合が多い。

(5)できそうな問題から先に解こう。入試は満点を取るテストではなく、合格点をとるテストだ。難しい問題ができなくても合格するが、みんなができる問題を間違えてはいけない。

→計算問題、一行問題は気をつけて。

(6)記述は、最初に言いたいことを書くのがコツ。1つの文は1つのことをいえばよい。あまり一文を長くしないこと。

→一文を短くすると、読むほうにリズム感がでて、読みやすくなります。

(7)漢字は自信を持って書こう。

→漢字指定問題。でも思いつかなかったか?ひらがなで書いておきましょう。丸にはならないが突然思い出したりするものです。

(8)問題の条件に下線を引いておこう。使った条件はチェックしよう。問題が解けないとき、もう一度確かめてみよう。使っていない条件があるはずだ。

→問題文をとにかくチェックしましょう。

(9)絶対に合格するんだという強い気持ちをもって、試験に臨もう。その気持ちがいろいろな力を引き出してくれる。

→プレッシャーに負けない。うまくいくことだけ考えていきましょう。

(10)終わった試験のことは、気にしない。次にできることに集中しよう。

→「あの答えは36だろう。」「そう、おれもそうなった」なんていう声に耳を貸す必要はありません。36が正解ではないかもしれないし、何より出してしまったと答案を変更することはできません。変えることができるのは、これから出す答案。だから自分がやるべきことをしっかり確認していきましょう。

がんばれ!


フリーダム進学教室のWEB学習システムは無料体験実施中です。
無料体験登録はこちらから



受験で子どもと普通に幸せになる方法、本日の記事は
中学受験パパママ塾「ONE」を始めた理由


6年生の教室から
ミスが続いたら


慶應進学館から
出願書類のコピーを忘れずに





にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(指導・勉強法)へ
にほんブログ村

カテゴリー: 2019年受験に向けて パーマリンク