地域の問題を出題する

社会の問題の中で、その学校の地域に特定した問題を出す学校があります。

例えば開成は東京都の細かい問題を出すことがありました。今も埼玉県や千葉県の上位校をはじめ、その学校のある地域にまつわる問題が出る。例えば、埼玉県の県知事は誰か、というような問題です。

東京の子どもたちからすれば、埼玉県知事を知らないことが多いでしょう。では、なぜそのような問題を出すのか。

これは通いにくいに地域から受験する子へのハードルを上げるためです。元々、遠くから受験する子は合格しても進学しないことが圧倒的に多い。合格させて辞退され、補欠を繰上げるくらいなら、やはりちゃんと進学してくれる子を合格させた方が良い。

開成は関西からの受験者が多い学校でしたから、一時期東京の生徒でも大変な細かい問題が出ていました。で、そういうことも考慮しておかないといけないのです。

これは細かい、と思える内容は何らかの意図がある。

そういうところも是非、過去問から読み取ってください。


フリーダム進学教室 新連載 学校訪問シリーズ
New第6回 田園調布学園


受験で子どもと普通に幸せになる方法、本日の記事は
それじゃ受からない、と言われても


6年生の教室から
子どもたちは受験をしたことがないから


中学受験 算数オンライン塾
8月2日の問題


 

自宅でできるオンライン個別指導「スタディールームオンライン」







にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(指導・勉強法)へ
にほんブログ村

カテゴリー: 2019年受験に向けて パーマリンク