第243回 行く学校をベストにする

■ いよいよ追い込みになってくると、一生懸命子どもを叱咤激励している自分を顧みて、「何か自分が鬼みたいでいやだ」と感じられることがあるようです。そういう時は、もう一度、出発点に戻って考えてみると良いかもしれません。

■ なぜ、中学受験をするのか。それは子どもにプラスになるであろう教育環境を与えるためです。中学は義務教育ですから、わざわざ高い月謝を払わずとも行けるわけですが、しかし、私立、国立、やはりそれぞれが自分達の特徴を出した教育をしている。そういう教育環境の中で子どもたちが育ってくれれば良いわけで、だから中学受験をするわけです。ですから、子どもたちの教育のためにやるわけだから、その準備もあくまで教育的でないといけないのです。

■ さらに、いろいろ受けられたりするのだけれど、結局行く学校はひとつです。でも、そこでさらに子どもたちは今後も勉強し、成長していくわけだから、そこからまた新たな未来が開けるように考えていかないといけない。

■ そこで「行く学校をベストにする」という考えが必要なのです。それが公立になったとしても、それはそれで良かったと思えるような効果をあげる必要があるわけです。逆に言えば、行く学校が決まったところでそれをベストにするという心構えがあるのであれば、ある意味どこの学校に行ってもいいぞ、ということになる。

■ そうなると、残りの時間で子どもたちが自分なりにしっかり努力すればそれでいい、ということになるのです。まあ、そこまでまだ達観できないかもしれませんが、しかし、ぜひ「行く学校をベストにする」という心構えを持っていただければと思います。


冬期講習のお知らせ


受験で子どもと普通に幸せになる方法、本日の記事は
あの子が合格して僕が落ちたら・・・


5年生の教室から
式を書けえええ


今日の慶應義塾進学情報
問題は最後まで読む


新6年生を募集中です。




にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(指導・勉強法)へ
にほんブログ村

カテゴリー: 2017年受験に向けて パーマリンク