塾主導に惑わされない

Pocket
LINEで送る

高校受験や大学受験の場合は、学校も受験指導の中に関わってくることが多くなりますが、中学受験はほぼ0と言って良いでしょう。

したがって、受験準備が塾主導になりやすい。

だから、今は中学受験準備は3年生の3月から、という話になってしまっているのです。少子化で塾が生徒の囲い込みを早くしようとしているから、カリキュラムも前倒しにして、先に、先にと動いている。

結果として、子どもたちや家庭の負担ばかりが増えている。もっと受験生の多い時代に、みんなが4年生の3学期から始めて十分に間に合っていたのです。にもかかわらず、煽られてしまって、1年生から塾に入れてしまう、みたいなことになっている。

だから、家庭が中心に組み立てていくことが大事です。

上の子の受験を経験してみると、「何もそこまで」と思うことは多々あったと思うのです。

それより、お父さん、お母さんがプロの先生と相談してじっくり準備を進めた方が良い、と思います。受験産業というのは「親を不安にさせて儲ける」ところがあるので、惑わされないように注意してください。

中学受験はあくまで家庭主導、で組み立てないと無駄が多くなります。

「これは本当に必要なのか?」

まずは疑ってかかるべきだと思って間違いないでしょう。



2019-2020 合格手帳12ー1月号を差し上げています。
以下からお申込ください。
無料です。
2019ー2020合格手帳6年生入試直前号申し込み

2019ー2020合格手帳4.5年生12-1月号申し込み


最後の追い込みにご利用ください。

「映像教材、これでわかるシリーズのご案内」(田中貴)


受験で子どもと普通に幸せになる方法、本日の記事は
行きたい学校に行く


5年生の教室から
5年生から始めて遅いということはない


慶應進学館から
早い番号の問題がやさしいとは限らない


4年生の保護者のみなさまへ  中学受験パパママ塾「ONE」のご案内



にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(指導・勉強法)へ
にほんブログ村

Pocket
LINEで送る

カテゴリー: これからの中学受験 パーマリンク