できない事に挑戦する

勉強を続けてくると、得意な科目、不得意な科目、というのが出てきます。

例えば算数は考えるのが好きだからやるけれど、覚えるのが好きではないので社会は嫌い、とか。

あるいはその逆もあるでしょう。歴史が好きな子はとにかく細かいことを良く覚えている。つまり、得意だ、好きだと思うことはできるようになり、不得意だ、嫌いだと思うことはなかなかできるようにならないのです。

しかし、得意なことがあるということは能力は備わっている、ということであり、それを嫌いな分野にも十分活かせる可能性は本当はある。ただ、本人が決めつけて「僕はできない」と思い込んでいるだけなのです。

だから、できないことに挑戦しないといけない。

できない、と決めつけてはいけない。常に「できるかもしれない」と考えるべきです。そうしないと挑戦すらしなくなってしまう。

まずは嫌いなことをやってみましょう。ちょっと我慢すれば、結構面白くなるはずなのですから。


受験で子どもと普通に幸せになる方法、本日の記事は
貯まっていかない子


5年生の教室から
自由に勉強を組み立てる


今日の慶應義塾進学情報
慶太君の旅





にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(指導・勉強法)へ
にほんブログ村

カテゴリー: 2018年受験に向けて パーマリンク