なぜ問題文をちゃんと読めないのか

Pocket
LINEで送る

問題をよく読む、という注意は本当に頻繁にします。

で、当然のことながら、子どもたちも注意深く読んでいるつもりであるわけですが、しかし、横で見ているとやはりあっという間に手が動き始める。

問題文中、ヒントとなるところがあると、もうそこから解き始めているから、後ろの条件が目に入っていない。

つまりやはり最後まで読み切ってはいないのです。

確かに途中までの条件で(1)は解ける、という場合も多いのですが、急ぎの虫がいるのでつい読み飛ばしてしまうこともあるでしょう。

解き始めたい、という衝動を抑えて、まずはとにかく最後まで読む、ということはなかなかできません。

だから、ここを意識させないといけない。

解けそうだ、という感覚が出てくると、もう止まらなくなるから、そこをぐっと我慢しておかないといけないのです。

まずは最後まで読み切る、という練習をこの夏してください。


New!!フリーダムオンラインからのお知らせ

夏期講習のお知らせ


今後、投稿のタイミングを定時以外に増やしていきます。投稿のタイミングをTwitterでお知らせしていますので、ぜひフォローしてください。
田中貴のTwitter


New
2021 合格手帳 5年生用夏休み特集号のお知らせ

2021 合格手帳 6年生用夏休み特集号のお知らせ



受験で子どもと普通に幸せになる方法、本日の記事は
入試問題と相性の良い子



【塾でのご利用について】
フリーダム進学教室 WEB学習システムOEMのご案内



にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(指導・勉強法)へ
にほんブログ村

Pocket
LINEで送る

カテゴリー: 2022年受験に向けて パーマリンク