第363回 どうやれば正確さを身につけることができるのか?

新4年生の保護者のみなさまへ  中学受験パパママ塾「ONE」のご案内

今年の入試でも、痛いミスが出た子がいました。

教えている側からすれば、それはやっただろう!と思っても、問題を解くときに間違えれば得点にはならない。

この課題を克服することが、僅差の入試を勝ち抜くのにどうしても必要なことなのです。

式を書く、計算を確認する、問題をもう一度確認する。

とルーティンを続けていても、間違えるときは間違える。まだ十分に出題者の意図が見抜けていないからそういうことになるのでしょう。

したがって、問題の演習は必要なのだけれど、それと平行してやはりじっくり考えるという習慣がないといけないところがある。

ただ、やり方を覚えて、こうなればこうなる、みたいなやり方をしている限り、実は出題者の意図を見抜ける学力はつかない。

そのやり方を微妙に変えて解けるように仕組んであるからです。

ここで本当に考える訓練を積んでいるのか、本当にわかっているのか、を積み重ねたかどうかの違いになってくるのです。

しかし、子どもたちの様子を見ているとやはり早く終わらせることにかかってしまう傾向がある。

早く終わって、自分のやりたいことをしたい。

だから答えを先にみたり、解答を写したり、というまったく意味のないことをやる子が増えるのです。

それが本当に意味のないことなのだ、ということがわかってくればいいのだが、適当にごまかすことだけを身につけてしまっている場合があるので、そこをしっかり正していかないと結果は出ないでしょう。

しかし、本人がそれを悟らない限り、なかなか直らないでしょうが・・・。


Newフリーダム進学教室からのお知らせ
2020オンライン慶應入試説明会のお知らせ


春期講習のお知らせ


【無料】春の合格手帳、差し上げます。


受験で子どもと普通に幸せになる方法、本日の記事は
高校受験の塾はとっくに始まっているが



5年生の教室から
できなかった問題を復習する


慶應進学館から
2019 湘南の作文課題





にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(指導・勉強法)へ
にほんブログ村

カテゴリー: なおなお母親講座 パーマリンク