本番はやり直すわけにはいかない

算数の問題を解いてもらい、○をつけていたときのこと。

「はいブー」(間違いという意味)
「えー、うそ!!どこが、あ、ここかあ・・・」(その場の壁で計算をやり直す。)
「こうでしょ?」
「ブー」
「え、またあ!」とまた壁でやろうとするので
「机に戻ってから落ち着いて考える」
といわれて、自分の机に戻り、数分後
「これでどうだ!」
「お、○!」
とまあ、正解になったわけですが、当然のことながら、入試では最初の段階で×です。

つまり、やり直しは利かない。だから一発で○をもらえないといけないのです。まだまだ、子どもたちはそこまでの厳しさを持って問題に向かっているわけではありませんが、そろそろそういう意識を持たせた方が良い時期になってきました。


受験で子どもと普通に幸せになる方法、本日の記事は
歴史の勉強は、おもしろいが・・・


5年生の教室から
計算練習


今日の慶應義塾進学情報
標識に関する問題





にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(指導・勉強法)へ
にほんブログ村

カテゴリー: 2018年受験に向けて パーマリンク