強くない運動部

Pocket
LINEで送る

その学校は、硬式野球部に力を入れていました。

学校の名前を世間に知らしめる、ということで言えば、甲子園に出場することが結構インパクトのあることなので、多くの私立学校が甲子園出場を目指します。甲子園に出場するチームの大半は全国から中学生のときに秀でた成績をもつ選手をスカウトして推薦入試を受けさせ入部させることが多いのです。したがってその学校も、高校の野球部で付属の中学から入ってレギュラーがとれる子はひとりもいません。

じゃあ、中学からの野球部選手はどうするのか?野球を続けるとすれば2つの道がありました。1つは、甲子園組に交じって練習する。しかし、まずレギュラーにはなれないでしょう。それでも、野球を続けたいと思えばそういう道を選ぶ。もうひとつが軟式野球部に入る。中学は軟式ですから、そのまま軟式を続けるということになります。

この学校の軟式野球はしたがって強くない。しかし、学校はこの野球部にもちゃんとグラウンドの使用機会を与えていました。

「硬式から文句は出ないのですか?」
「そんなことは絶対に言わせません。」
と強い口調で校長先生が言われました。
「もちろん、その日も硬式野球部は練習はしていますが、校外のグラウンドを借りています。学校のグラウンドが狭いので、やや遠いがそこでのびのびできればいいでしょう。しかし、それよりも軟式野球部が練習できなければ、学校としては意味がない。」
「・・・・」
「部活は強い、弱いだけではないのです。足の速い子がいれば、頭のいい子がいる。それぞれに子どもには強みがあるわけだが、ただ伸ばせば良いということでもない。下手は下手なりにスポーツは楽しまないと学校生活はおもしろくないでしょう?別に全国大会に出場するために部活動があるわけではないのです。子どもが自分の好きなことを続けられる環境を学校が準備する。当たり前のことです。強くない運動部もなければだめなのですよ。」

軟式野球部の子どもたちも、生き生きと練習するのを見て、なるほどなあ、と思った次第です。

==============================================================
中学受験で子どもと普通に幸せになる方法、本日の記事は

雑な解き方が直ったのは
==============================================================
中学受験 算数オンライン塾

4月26日の問題
==============================================================
慶應進学オンライン
==============================================================
お知らせ
算数5年前期第14回 算数オンライン塾「数の性質」をリリースしました。
詳しくはこちらから
==============================================================

==============================================================
にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(塾・指導・勉強法)へ
にほんブログ村

Pocket
LINEで送る

カテゴリー: 閑話休題 パーマリンク