小さい時からの相対比較は危険

Pocket
LINEで送る

受験の世界はとかく競争原理が持ち込まれます。

しかし、本当のことを言えば、志望校の問題がちゃんと解ければよいだけの話であって、偏差値がどう、クラスがどう、というのはあまり関係がない。

実際に内申が持ち込まれるわけではなく、学校はそういう比較を信じていないから、自分たちの作る入学試験で決めているわけです。

で、だんだん加熱化してくると、早い時期からこの競争が始まる。

比べられる、というのは特に小さい時の成長にはプラスにならない。

子どもたちは子どもたちの個の成長のペースがあり、それが遅いとか、できないとか、一概に決めつけられるのは子どもたちの精神状態を考えるとデメリットとの方が大きいのです。

勉強することは悪いことではないが、しかし、比較の世界に持ち込まれないように注意してください。

比較がなければ、できたということだけで褒めてあげられるはずです。

受験で子どもと普通に幸せになる方法、本日の記事
個の勉強が大事


フリーダムオンライン-学習のヒント-
2年間、集中して準備する


慶應進学館から
慶應中等部 算数過去問ゼミがスタートしました。




【(株)邦学館からのお知らせ 】
WEBワークスを塾・個別指導でご利用いただける「フリーダムスポット」のご案内



読んでいただいてありがとうございます。
にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(指導・勉強法)へ
にほんブログ村



Pocket
LINEで送る

カテゴリー: 2023年受験に向けて, 2024年受験に向けて, 2025年受験に向けて パーマリンク