志望校の変更が望ましい?

Pocket
LINEで送る

模擬試験のデータがどんどん出始めていくと、現実が突き付けられるところがあって、

「そろそろ志望校を変更した方が…」

という塾からのお達しがあるや、に言われます。

しかし、概ねほっとかれる、というのが現実でしょうか。塾としてはギリギリ合格ラインの子を何とかするとか、すでに合格ラインを超えている子が落ちないようにすることの方に重きがあって、圏外にいる子にはあまり関心がない。

「やはりだめでしょうか?」と聞かれれば、「ちょっと無理ですかね」というだけであって、聞かなければわざわざ売り上げを落とすような真似はしません。

で、狙うこと自体は問題ではないのです。そこを狙ってがんばってきたのだったら、そこに力を注いでよい。それが結局のところ力をつける源です。

ただ、本人があきらめていて、勉強しない、みたいな状況であれば志望校の変更はむしろ考えた方が良いでしょう。

本人があきらめていなければ、第一志望はそのままで良いのです。

ただし、現実的にどこにも行けないという状況はやはり作らないようにした方が良いので、「実質的な第一志望はどこか?」ということを親が考えておくことが大事。

それを安全校というのか、実力相応校というのかは別として、そのラインをしっかり決めておく。

本人は第一志望に合格したいと思ってやっていることなので、そこに水を差さない方が良いでしょう。


今後、投稿のタイミングを定時以外に増やしていきます。投稿のタイミングをTwitterでお知らせしていますので、ぜひフォローしてください。
田中貴のTwitter


New
合格手帳の9-11月号ができました。秋に向けてしっかり計画を立てていきましょう。
2021 合格手帳 5年生用9-11月号のお知らせ

2021 合格手帳 6年生用9-11月号のお知らせ



受験で子どもと普通に幸せになる方法、本日の記事は
学校別内での競争のプラスとマイナス



【塾でのご利用について】
フリーダム進学教室 WEB学習システムOEMのご案内



にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(指導・勉強法)へ
にほんブログ村

Pocket
LINEで送る

カテゴリー: 2022年受験に向けて パーマリンク