式を書く

Pocket
LINEで送る

算数の解答形式で相変わらず多いのが、答えのみを記入する問題。

近年記述式の問題も増えてはいるものの、しかし、まだまだ答えだけを書かせる学校が少なくないでしょう。

で、そうなると式を見られる心配がないので、式を書かない、という子が増えるのです。

が、ミスを防ぐためにはちゃんと式を書いた方が良い。説明を書くように詳しく書く必要はないが、それでも自分が後からどう考えたのか、振り返れるぐらいの内容にしておきたいのです。

そして、それをすることでミスが減る。さらには自分が今出した答えが何かもはっきりするので、取り違えが少なくなります。

記述式の学校では当然式を書くでしょうが、答えだけを求める学校でも、できるだけ式を書いた方が合格はしやすいのです。


今後、投稿のタイミングを定時以外に増やしていきます。投稿のタイミングをTwitterでお知らせしていますので、ぜひフォローしてください。
田中貴のTwitter




New洗足学園進学館からのお知らせ
2021年洗足学園入試対策説明会のお知らせ


受験で子どもと普通に幸せになる方法、本日の記事は
勉強はすぐに始める


5年生の教室から
記述の添削もオンラインで簡単


慶應進学館から
慶應中等部、社会の入試傾向




【塾でのご利用について】
フリーダム進学教室 WEB学習システムOEMのご案内



にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(指導・勉強法)へ
にほんブログ村

Pocket
LINEで送る

カテゴリー: 2022年受験に向けて, 2023年受験に向けて パーマリンク