本文を読むな、は間違い

Pocket
LINEで送る

近年、理科も社会も問題文が長くなっています。

そんな状況で、時間がかかって終わらない子どもたちに対して
「本文は読むな、問題の該当個所だけ読んで答えなさい。」
という指導をする塾があるといいます。

確かに、これは本文の意味を成していない、という問題もあることはある。たとえばいろいろ書いてあるのだけれど「衆議院」のところに下線が引いてあって「衆議院の定員は何人ですか」という問題になっていたりすることも確かにあるのです。

しかし、そういう問題ばかりではない。本文の趣旨を読み取らないと答えられない問題だってちゃんとある。

だから、やはり読まないわけにはいかないのです。なので読まないで答える練習はさせないでください。

本文を読んで解いて、解ける問題で勝負するしかないのです。


Newフリーダム進学教室からのお知らせ
冬期講習のお知らせ



2020 合格手帳9-11月号を差し上げます。

無料です。
2020 合格手帳9-11月号申し込み【5年生用】
2020 合格手帳9-11月号申し込み【6年生用】


受験で子どもと普通に幸せになる方法、本日の記事は
昔の難度、今の難度


5年生の教室から
勉強は個々にやるもの


算数オンライン塾
10月10日の問題


4年生の保護者のみなさまへ中学受験パパママ塾「ONE」のご案内





「映像教材、これでわかるシリーズのご案内」(田中貴)

【塾でのご利用について】
フリーダム進学教室 WEB学習システムOEMのご案内

にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(指導・勉強法)へ
にほんブログ村

Pocket
LINEで送る

カテゴリー: 2021年受験に向けて パーマリンク