中和に関する問題

Pocket
LINEで送る

2019年明大中野中の問題です。

ある濃さの塩酸と,いろいろな濃さの水酸化ナトリウム水溶液A~Dを混ぜ,BTB液を入れて混合水溶液の色を調べました。下表[実験1]~[実験3]は,それらの結果をまとめたものです。あとの各問いに答えなさい。なお,使った塩酸の濃さはすべて同じです。

(1)実験1より,塩酸9cm3と水酸化ナトリウム水溶液A5cm3を混ぜてBTB液を入れたとき,混合水溶液は何色になりますか。

(2)実験1のビーカー(ア)~(ウ)のどれか1つと,実験2のビーカー(エ),(オ)のどちらかを比べると,水酸化ナトリウム水溶液AとBのどちらが濃いかがわかります。どれとどれを比べればよいですか。また,水酸化ナトリウム水溶液AとBのどちらが濃いですか。AまたはBの記号で答えなさい。

(3)実験3のビーカー(カ),(キ)より,塩酸60cm3と水酸化ナトリウム水溶液C12cm3を混ぜた混合水溶液に,水酸化ナトリウム水溶液Dを何cm3混ぜると,BTB液を入れたときに緑色になりますか。

【解説と解答】

(1)塩酸が水酸化ナトリウムの1.5倍から2倍のときはアルカリ性なので、1.8倍ではアルカリ性。
(答え)青色
(2)アとオはそれぞれ塩酸が水酸化ナトリウム水溶液の2.5倍ありますが、結果が違います。アが黄色なので、水酸化ナトリウム水溶液Bの方が濃いことがわかります。
(答え)比べるビーカー(ア)・(オ) 濃い方B
(3)塩酸:C=5:3 塩酸:D=5;2で中和します。Cが12cm3のとき、塩酸は20cm3使うので、残りは40cm3。これを中和する水酸化ナトリウムDは40÷5×2=16cm3
(答え)16


2019-2020 合格手帳12ー1月号を差し上げています。
以下からお申込ください。
無料です。
2019ー2020合格手帳6年生入試直前号申し込み

2019ー2020合格手帳4.5年生12-1月号申し込み


最後の追い込みにご利用ください。

「映像教材、これでわかるシリーズのご案内」(田中貴)


受験で子どもと普通に幸せになる方法、本日の記事は
できる子を集める


6年生の教室から
慌てない


慶應進学館から
補欠について




4年生の保護者のみなさまへ  中学受験パパママ塾「ONE」のご案内





にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(指導・勉強法)へ
にほんブログ村

Pocket
LINEで送る

カテゴリー: 各校の入試問題から パーマリンク