地方から首都圏の学校を目指す

Pocket
LINEで送る


大学入試の混乱がかなりひどくなってきました。数学と国語の記述式について再考される可能性が出てきたということでしょうか。

ならわざわざセンターをなくす必要がなくなってくるわけで、今までの議論は一体何だったのか、ということになるのですが、それはさておき、その結果として中学受験がにわかに騒がしくなってきました。

少子化で各私立大学は系属校や附属校からの入学者を増やしているし、実際に新たな附属校、系属校になった学校も出てきています。そうなると首都圏にいないと、そういう学校に受験できない、ということでさらに地方との差が広がってくる懸念が出てくるわけです。

近年首都圏の進学校では医学部進学に力を入れてきた学校が多く、その結果地方の国立大学医学部の合格者にこれら首都圏の中高私立一貫校の卒業生が増えてきて、地元からなかなか入らなくなっています。大学の中には地方枠を作っているところもあるのですが、それでもなかなか減らない。

それで地方の子どもたちは寮のある学校を目指すようになってきました。すでにここで経済的な負担は地方の方が大きくなっているわけです。ならば、中学の3年間、子どもと一緒に保護者の方が首都圏に出てくる、ということを考えても良い、と思えます。

地方の進学はやはり地域の国立大学が中心になることが多いので、その分視野がどうしても狭くなる傾向にあります。もし可能であるなら、やはり中学で首都圏への進学を進めた方がプラスになることが多いでしょう。


2019-2020 合格手帳12ー1月号を差し上げています。
以下からお申込ください。
無料です。
2019ー2020合格手帳6年生入試直前号申し込み

2019ー2020合格手帳4.5年生12-1月号申し込み


最後の追い込みにご利用ください。

「映像教材、これでわかるシリーズのご案内」(田中貴)


受験で子どもと普通に幸せになる方法、本日の記事は

結局6年の秋が中心になる


6年生の教室から
一行問題に気をつける


算数オンライン塾
12月7日の問題


4年生の保護者のみなさまへ中学受験パパママ塾「ONE」のご案内



にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(指導・勉強法)へ
にほんブログ村

Pocket
LINEで送る

カテゴリー: 2020年受験に向けて パーマリンク