ろうそくに関する問題

2019年ラ・サール中学の問題です。

ろうそくの燃え方について,以下の問いに答えなさい。
(1)ろうそくに火をつけると,その炎は図のように3つの部分に分けられ,Aは外炎,Bは内炎,Cは炎心といいます。それぞれの部分で温度や明るさが異なります。次の下線部①~④に当てはまる部分を選び,A~Cの記号で答えなさい。ただし,同じ記号を繰り返し用いてかまいません。

 ・①もっとも温度が高い部分と②もっとも温度が低い部分

 ・③もっとも明るい部分と④もっとも暗い部分

(2)右図のように,ろうそくの炎のA~Cの各部分に,ガラス管を差し入れ,気体を引き出すと,ガラス管の先から白い煙がでて,そこにマッチの火を近づけると燃えるのはA~Cのどれか答えなさい。

(3)下図のように炎の中にガラス棒を差し入れたとき,黒いすすのつき方は,どのようになりますか。正しいものア~エから選びなさい。

(4)けずったろうそくをビーカーに入れて温めてとかし,液体にしました(図Ⅹ)。液体になったロウをゆっくり冷やして,すべて固体になったときのようすとして,
  正しいものをア~カから選びなさい。ただし,ア~カは,ビーカーの中央を通る断面の図とします。また,図中の点線はロウが液体のときの液面の高さを表します。

【解説と解答】

(l)最も温度が高いのは外炎、元も温度が低いのが炎心。最も明るい部分が内炎。最も暗いのが炎心。
(答え) ① A  ② C  ③ B  ④ C 
(2)炎心は燃えておらず、ろうがガス化したものが出ている部分です。
(答え)C 
(3)すすがつくのは内炎部分。
(答え)イ 
(4)固体になるとき、体積は減りますが、ウのように真ん中がくぼみます。
(答え)ウ


Newフリーダム進学教室からのお知らせ

2019年度6年生後期授業案内

【無料】2019秋の合格手帳9-11月号を差し上げます。


受験で子どもと普通に幸せになる方法、本日の記事は

自分の試験の受け方をつくる


6年生の教室から
ストレスに気をつける


慶應進学館から
湘南の算数対策のポイント


4年生の保護者のみなさまへ  中学受験パパママ塾「ONE」のご案内




にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(指導・勉強法)へ
にほんブログ村

カテゴリー: 各校の入試問題から パーマリンク