模擬試験の成績と過去問の成績

模擬試験の成績と過去問の結果が食い違う、という子がたまにいます。

これは問題の性質にもよるでしょう。偏差値が高いからといって、問題がすべて難しいというわけではない。

それに家でやることですから、試験会場の緊張感とは全く違うだろうし、また模擬試験は実際に時間もきっちり管理されている。

だから当然模擬試験の方が厳しく出る場合の方が多い。そして実力もその通りだと理解していた方が良いでしょう。
過去問が取れるから大丈夫、という考えはあまり持たない方が良いのです。

ただ、たまに逆の子がいます。模擬試験の成績は良いが、過去問が悪い。これは過去問をがんばらないといけない。模擬試験はひとつの試験ですべての学校の判断をする分、いろいろな要素を盛り込みますが、過去問はその学校の出題傾向だけを反映しているので、それができない、ということはまだ十分に過去問になれていない、ということです。

悪い成績が出るときは、その悪い成績が本当の実力と考えていた方が良いでしょう。ただし、親の心の中にとどめておくことも忘れずに。

【無料】2019秋の合格手帳9-11月号を差し上げます。


Newフリーダム進学教室からのお知らせ

2019年度6年生後期授業案内


受験で子どもと普通に幸せになる方法、本日の記事は

過去問の点数が出たあとに


6年生の教室から
塾にはなじまないという場合


算数オンライン塾
8月31日の問題


4年生の保護者のみなさまへ  中学受験パパママ塾「ONE」のご案内




にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(指導・勉強法)へ
にほんブログ村

カテゴリー: 2020年受験に向けて パーマリンク