過去問と暗記で十分

Pocket
LINEで送る

上の子の受験を経験してみると、もうやるべきことははっきりしている、ということがわかります。

最初の子の受験だといろいろ悩むことがあるかもしれないし、実際に塾の言うとおりにいろいろ取らされて、結局肝心の過去問が終わっていなかったりする。

本当のことを言えば、過去問と暗記で十分な部分はあるのです。

むしろあまりに忙しくなりすぎて、ちゃんと結果が出ないままになってしまいがち。あれも、これも、というので落ち着かない。

これをやろうと絞り込んで、あとはじっくり構えることが大事なのです。フリーダムのWEB学習システムを黙々と続けて合格していった子どもたちは、結局対策は案外シンプルだと実感しただろうと思います。

だから常にやることを見直していきましょう。大事なことは、「合格点をとるためにあと何が必要か」を考えることです。


Newフリーダム進学教室からのお知らせ

2019年度6年生後期授業案内

【無料】2019秋の合格手帳9-11月号を差し上げます。


受験で子どもと普通に幸せになる方法、本日の記事は

管理すべきは


6年生の教室から
集団授業の学校別特訓の難しさ


慶應進学館から
普通部の算数対策のポイント


4年生の保護者のみなさまへ  中学受験パパママ塾「ONE」のご案内




にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(指導・勉強法)へ
にほんブログ村

Pocket
LINEで送る

カテゴリー: 2020年受験に向けて パーマリンク