算数の基礎を固める

カリキュラムが一段落した、ということであれば、やはり算数の基礎をしっかり固めるべきでしょう。

難しい問題に挑戦する、ということも平行してやることは大事なのですが、しかし、基礎が固まっていなければ当然のことながら、応用問題は解けない。応用問題というのは、解法がいくつか組み合わさってくるわけで、そのひとつひとつのパーツがわかっていなければ、問題は解けない。だからこそ、ここをしっかり固める必要があるわけです。

では何をやるか、ということなのですが、今までのテキストをひっくり返すと、もう膨大になってしまうところがあるので、やはりまとめの問題集を使う、というのがひとつの方法になります。

良く使われているのは、四谷大塚の四科のまとめ、ですが、それ以外にも基本をまとめた算数の問題集があるでしょう。フリーダムの場合で言えば、本科バインダーを一通りやっていけば、良いし、できてくればランプがグリーンに変わるので、完成の目安は立ちやすいと思います。

これが少しずつでも進んでくれば夏からすぐ過去問に入れる。

夏期講習で基礎を固めるというのも当然目標としてはありますが、これはもう最終形。それまでに少しでも進めるように計画を立てていきましょう。

【無料】合格手帳4月ー6月号「1学期号」を差し上げます。


受験で子どもと普通に幸せになる方法、本日の記事は
今月の目標をつくる


6年生の教室から
体調注意!


算数オンライン塾
5月7日の問題


新4年生の保護者のみなさまへ  中学受験パパママ塾「ONE」のご案内




にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(指導・勉強法)へ
にほんブログ村

カテゴリー: 2019年受験に向けて パーマリンク