摸擬試験をどのくらいの頻度で受けるか

摸擬試験というのは、すべての学校の合格可能性を1種類の試験で判定します。

したがって、学校別傾向を色濃く反映した、というものではない。

2学期に行われる学校別摸擬試験は、学校の出題傾向ばかりでなく、問題用紙や解答用紙までそっくりに作られますが、これはまた全部の学校があるわけではない。だから、どうしても摸擬試験に頼らざるを得ないわけですが、でも1種類の試験ではやはりいけない。

2社、3社を掛け持ちしていくのが良いでしょう。

そしてそれぞれの試験の推移を見ていく。各科目のバランスやミスの発生率がどう変わっていくか。多くの場合、偏差値や合格可能性が気になるでしょうが、一番大事なのは答案です。

なぜ、こういうミスをしたのか。

どうして、できるはずの問題ができなかったのか。

というのをしっかり整理できるのなら、いくら受けてもかまわない。そしてていねいに復習してください。時間内にできなかった問題も後からやればできるでしょう。

どうやって、時間内にできるようにしていくのか、そういう作戦を考えていく上でも経験は多い方が良い。

ただし、ただ受けている、ではダメです。試験を受ける以上、それをしっかり復習できるように勉強時間を配分してください。


Newフリーダム進学教室からのお知らせ


【無料】合格手帳4月ー6月号「1学期号」を差し上げます。


受験で子どもと普通に幸せになる方法、本日の記事は
粘る子


6年生の教室から
点数がまだまとまらないが・・・


慶應進学館から

推薦入学の話


新4年生の保護者のみなさまへ  中学受験パパママ塾「ONE」のご案内




にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(指導・勉強法)へ
にほんブログ村

カテゴリー: 2020年受験に向けて パーマリンク