5年生になるときのギャップに注意

New
フリーダム進学教室 2019 入会案内

本来、4年生の勉強というのは、まあ、ウォーミングアップみたいなところがあって、3年間のカリキュラムを組んでいても、まあ、それほど大変なところではありません。しかし、5年一杯で一応受験のカリキュラムを終えようということになってくると、だんだんヒートアップしてくる。

塾では2月から新学年が始まりますが、ここで一気に通塾日が増える。そして宿題も増えるが、塾に通う日が増えているから、家庭で勉強する時間が減るので、終わらない、ということが起こりうる。

今まではそれほど大変ではない、と思っていたのだけれど、ここで壁に突き当たってしまう子どもたちも多いのです。

新学年の説明がそろそろ各塾でも始まっていると思うのですが、え?と思うことが良くあるでしょう。

日数もさることながら、終わりの時間も結構遅くなる。そうなると、本当に体力が持つのかしら?と思われることも出てくるでしょう。

ここがひとつの落とし穴になる。本当は5年生で受験カリキュラムをすべて終える必要など何もないのですが、だんだんそういう風になってきて、5年生の1年間が相当しんどいのです。それを見越して5年生からフリーダムに移ってきた子もいます。お父さんが全体の量を見越してみて、これは消化不良を起こしてしまう、と考えたからだそうですが、良い判断だったと思います。

4年生はやはりまだ十分に大きいわけではないので、塾でもそれほど無理はさせていないのです。だから早まった分は全部5年生に負担がいく。このアンバランスが子どもたちの負担を増やしているし、そこで自信をなくしてしまう子どもも少なくないので、対処の仕方を十分考えてください。

急激に負担が増えてしまうと、子どもたちの意欲がなくなってしまいますから。

フリーダム進学教室無料体験実施中です。
無料体験登録はこちらから

Newフリーダム進学教室 冬期講習のお知らせ


New【無料】冬の合格手帳(6年生は受験直前号)、差し上げます。


フリーダム進学教室 新連載 学校訪問シリーズ
New第7回 浦和明の星


受験で子どもと普通に幸せになる方法、本日の記事は
高望みをする子


5年生の教室から
塾に通わずにトップ校合格を目指す


中学受験 算数オンライン塾
11月12日の問題


全国どこでも、自宅でできるオンライン個別指導「スタディールームオンライン」







にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(指導・勉強法)へ
にほんブログ村

カテゴリー: 2019年受験に向けて パーマリンク