慎重に読む

入試の注意点はいろいろあるのですが、しかし、最も大事だと思うのは「問題を良く読む」ということなのです。

しかし、子どもたちはもう当然のことながら「良く読んでいる」と思っているでしょう。

だが、それでも読めていないことが多い。

どうしても急いでいるし、解ければうれしいから、すぐに答えを書いて次に行きたい。

その瞬間にミスを起こす。本当はもうひとつ手順が必要だったりするわけです。

だから今はもう少し表現を変えて話している。

「問題を慎重に読む」

ていねいに読む、よく良く、まあ、いろいろあるのだけれど、でもやはり慌てずに慎重に読む。

何が条件なのか、何が聴きたいのか。何を答えるべきなのか。

そういうことを整理してから答えても、遅くはない。

心がけるのはこの一点でしょう。


受験で子どもと普通に幸せになる方法、本日の記事は
あっという間に寝る子


5年生の教室から
やり込む感覚


今日の慶應義塾進学情報
2017年出願数





にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(指導・勉強法)へ
にほんブログ村

カテゴリー: 2017年受験に向けて パーマリンク