浪人減少

Pocket
LINEで送る

かつての人口に比べれば、現在の子どもたちの人口はかなり減少しているわけですから、どこが減るか、ということを考えるとまず減るのは浪人でしょう。

ここのところやはり現役合格率というのは上がっているわけだし、それなりに経済的な負担もあるわけだから、現役で進学してしまうというケースが増えているのです。

結果として予備校が減っていく、というのはまあ、理解できる話なのですが…。

最近ちょっと気になっているのが、公立高校の減少。

公立高校は税金で運営されているので、生徒が集まらなければその使命は終えた、ということで閉校になることが多いのですが、しかし、それは現在の私立校とのバランスで考えたときに本当に正しい選択なのか。

公立高校がその中身を私立と競い合っていかないと、どんどん私立に人が流れる。人が流れれば、公立は閉鎖される。結果として教育コストがかかる国に変わっていってしまう、というのは、国として正しい状況ではない、と思うのです。

昔はどの都道府県もナンバーワンスクールは公立高校でした。しかし、今はだいぶ様相が変わってきている。その分、教育コストがかかるようになっているのだとすれば、また社会の分断につながるので、公立学校の質を上げていく努力は必要でしょう。日比谷、横浜翠嵐といったトップ校は最近がんばっているので、その次のレベルがどうなるかが、重要なのだと思います。

受験で子どもと普通に幸せになる方法、本日の記事
持っているものを引き出せ


フリーダムオンライン-学習のヒント-
先生と一緒に過去問を解く


慶應進学館から
中等部の理科




【(株)邦学館からのお知らせ 】
WEBワークスを塾・個別指導でご利用いただける「フリーダムスポット」のご案内


読んでいただいてありがとうございます。
にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(指導・勉強法)へ
にほんブログ村



Pocket
LINEで送る

カテゴリー: 2023年受験に向けて パーマリンク