早くやるからできるようになるわけではない

Pocket
LINEで送る

子どもが、勉強する内容を十分に咀嚼できる学齢になっていないと、いろいろ難しいことをさせてもできるようにはなりません。

それ以上に、できないという経験がつきまとうことになる。

子どもはできないとやはり消極的になる部分があるので、むしろ「できること」を積み重ねるようにしていかないとモチベーションも自信も培うことができない。

早く始めないと、というのは塾の営業でしかないのです。塾は少子化で早く生徒を囲い込みたいだけ。

できることを積み重ねる、という視点で勉強をとらえれば、そんなに早くから始める必要はありません。


受験で子どもと普通に幸せになる方法、本日の記事
塾でやること、家でやること


フリーダムオンライン-学習のヒント-
5年生、スローダウンのすすめ


フリーダムオンライン-お知らせ-
夏期講習のお知らせ




【塾でのご利用について】
フリーダムオンライン WEBワークスOEMのご案内





読んでいただいてありがとうございます。
にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(指導・勉強法)へ
にほんブログ村

Pocket
LINEで送る

カテゴリー: 2023年受験に向けて パーマリンク