積み重ねた努力が生きる問題であってもらいたい

Pocket
LINEで送る

2022年の入試が始まり、いくつかの学校の問題を拝見しました。

それぞれの学校に募集の指針があり、どういう生徒を入学させたいか、という人物像もあるでしょうが、できることならばきちんと積み重ねた努力が生きる問題であってもらいたいと思います。

学校によっては、とてもマニアックな問題ともいうべきものが並んでいるところもあり、まあ、そうでなければ差がつかないのかもしれませんが、それがやがてどういうことに生きるのか、多少なりとも疑問に感じるところもありました。

小学生が、かなりの期間をかけてがんばってきたその努力が、ちゃんと生きる問題であれば、子どもたちも頑張り甲斐があるのかもしれませんが、そうでないとすれば、自分の志望が間違っていたのではないかと感じられてしまうかもしれない。

加熱していく中学受験を見ていると、やはりかなりの不安を感じる部分が出てきています。

子どもたちは本当に大変な思いをしてがんばってきているのですが、入試は1日ないし2日の試験で決まるので、入試がちゃんとした子どもたちの評価につながってもらいたいと願わずにはいられません。


今後、投稿のタイミングを定時以外に増やしていきます。投稿のタイミングをTwitterでお知らせしていますので、ぜひフォローしてください。
田中貴のTwitter


Newフリーダムオンラインからのお知らせ

フリーダムオンライン 2022年度春期講習案内

フリーダムオンライン 2022年度入会案内




慶應進学館から
2022 慶應入試説明会のお知らせ


受験で子どもと普通に幸せになる方法、本日の記事は
マイペースを保つ


フリーダムオンライン-学習のヒント-
僅差の勝負を制すポイント


New
合格手帳、新年度2-3月号ができました。ぜひお役立てください。
2022 合格手帳 新5年生用2-3月号のお知らせ

2022 合格手帳 新6年生用2-3月号のお知らせ



【塾でのご利用について】
フリーダムオンライン WEBワークスOEMのご案内



にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(指導・勉強法)へ
にほんブログ村

Pocket
LINEで送る

カテゴリー: 2022年受験に向けて パーマリンク