それぞれの勝ち方を考えるべきだ

Pocket
LINEで送る

中学受験は、ここまででかなり試験範囲が膨大になってきました。

今の御父母が中学受験をしたときから、すでに30年近く経過しているわけで、塾と学校のイタチごっこはこの間ずっと続いている。

学校は塾が対策をしない問題を、と考えるし、塾は出た問題を徹底的にカバーしていく。

そうなると、子どもたちは恐ろしい範囲の問題をこなさなければいけない、ということになるのです。

で、果たしてそれが全員に必要なのか、といえばそうではない。

それが必要な学校もあれば、そうでない学校もある。

また、その子の成長によって、それができる場合もあれば、できない場合もある。

まだ12歳なので、当然個人差は大きいのです。だからそこをうまく考えないといけない。

これだけ大変になってきた以上、それぞれの勝ち方を考えていかなければいけません。

誰もが小学校3年生から競争に駆り立てられる必要はない。

その子の成長と目標に合わせて、メンタルがしっかり維持できる範囲で受験勉強は進めていくべきなのです。

ここまでいろいろなIT技術が発達してきているのに、それこそ毎日のごとく塾に通うようなやり方は非効率でしかない。

闘い方を変えていかないと、子どもたちの精神的な成長に大きな負担が残る可能性が大きくなっていることをぜひ認識してもらえればと思います。


今後、投稿のタイミングを定時以外に増やしていきます。投稿のタイミングをTwitterでお知らせしていますので、ぜひフォローしてください。
田中貴のTwitter


Newフリーダムオンラインからのお知らせ

フリーダムオンライン 冬期講習のお知らせ


New
合格手帳の9-11月号ができました。秋に向けてしっかり計画を立てていきましょう。
2021 合格手帳 5年生用9-11月号のお知らせ

2021 合格手帳 6年生用9-11月号のお知らせ



受験で子どもと普通に幸せになる方法、本日の記事は
中1はリハビリ期間



【塾でのご利用について】
フリーダム進学教室 WEB学習システムOEMのご案内



にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(指導・勉強法)へ
にほんブログ村

Pocket
LINEで送る

カテゴリー: 2023年受験に向けて, 2024年受験に向けて パーマリンク