一歩引くことも視野に

Pocket
LINEで送る

もう入試まで時間がないのに、なんでやらないんだろう?

とか、

この前、朝から起きてやると自分で言ったのに、いい加減にしてほしい

とか、

まあそういう不満は山ほどあるでしょう。

親が思うほどピンと来ていない場合もあるかもしれない。しかし一方で親が心配するほど不安になっている子もいるかもしれません。

ただ、いずれにしても入試を受けるのは子どもであって、親ではない。

だから、子どもが自分でどうするか、が一番の問題であるので、そうイライラしても仕方がないのです。

もちろん話をしてもかまわないが、だからといって子どもががんばるかどうかは、子ども次第のところがある。

そうなるとやはりイライラすることはあるでしょう。

そういうときは、「ま、私の受験じゃないから」とつぶやいてみてください。

失敗すれば、子どもが次にがんばればいいのです。

お父さんもお母さんも必死になっているといけないので、どちらか少し気を抜いてあげてもいいのかもしれませんね。


今後、投稿のタイミングを定時以外に増やしていきます。投稿のタイミングをTwitterでお知らせしていますので、ぜひフォローしてください。
田中貴のTwitter


Newフリーダムオンラインからのお知らせ

フリーダムオンライン 冬期講習のお知らせ


New
合格手帳の9-11月号ができました。秋に向けてしっかり計画を立てていきましょう。
2021 合格手帳 5年生用9-11月号のお知らせ

2021 合格手帳 6年生用9-11月号のお知らせ



受験で子どもと普通に幸せになる方法、本日の記事は
無理して塾に行かない



【塾でのご利用について】
フリーダム進学教室 WEB学習システムOEMのご案内



にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(指導・勉強法)へ
にほんブログ村

Pocket
LINEで送る

カテゴリー: 2022年受験に向けて パーマリンク