比重のかけ方

Pocket
LINEで送る

4教科受験と2教科受験の両方がある場合、合格の決め方はいくつかパターンがあります。

4教科、2教科それぞれ定員を決める方法。

そしてまずは全員2教科で採点して、その後残りの定員を4教科で決める方法。

後者の場合、実は2教科で合否が決まっている子どもたちの方が圧倒的に多いので、そうなるとやはり算数と国語に力をいれるべきだ、ということになります。

これは配点でもいろいろあります。

傾斜配点をしている学校の場合はやはり算数と国語に比重を置いた方が良いでしょうし、逆に4教科均等配点の場合は、むしろ理科社会に力を入れなければいけない、ということになるのです。

ですから、比重のかけ方は志望校によって違う。

この辺も志望校が決まれば自ずと決まってくることなので、早めに志望校を決めた方が勉強を効率的に進めることができるのです。


New!!フリーダムオンラインからのお知らせ

夏期講習のお知らせ





今後、投稿のタイミングを定時以外に増やしていきます。投稿のタイミングをTwitterでお知らせしていますので、ぜひフォローしてください。
Twitter


New
2021 合格手帳 5年生用4ー6月号のお知らせ

2021 合格手帳 6年生用4ー6月号のお知らせ



受験で子どもと普通に幸せになる方法、本日の記事は
答えを見るタイミング


算数オンライン塾
5月16日の問題




【塾でのご利用について】
フリーダム進学教室 WEB学習システムOEMのご案内

にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(指導・勉強法)へ
にほんブログ村

Pocket
LINEで送る

カテゴリー: 2022年受験に向けて パーマリンク