塾任せにしたいのなら高校受験

Pocket
LINEで送る

中学受験では、やはりお父さん、お母さんがある程度受験に関わっていかないとなかなか進まない。

これは実際の受験当日のことを考えればすぐわかります。

ひとりで受験会場に来る子はほとんどいません。(受験生活は長いですが、まだ一人しか知らない。その子は絶対についてくるな、と言って一人で出かけてそうですが、当然お母さんは心配なので、後をつけたそうです。)

しかし、高校受験の会場に立ってみると、最近は保護者と来る子も増えましたが、それでもやはり一人で来る子の方が多いでしょう。つまり、この頃になっていると、塾と本人だけで話が進んで、最後三者面談で「こうします」「はい、わかりました」という流れになることの方が多いかもしれません。

家庭内での親子バトルは、中学受験では起きやすい。これは親にも原因があるので、そう子どもばかり責めるわけにもいきませんが、しかし、バトルが収まらない場合は、中学受験自体に本当に意味があるかどうかわからなくなるところもある。

親子関係が崩壊してしまってまで入れる学校はきっとないでしょう。

だから、中学受験をさせる以上、それなりに親が関わっていく、という覚悟は必要なのです。

それができない、ということであれば、むしろ高校受験を選んだ方が良いかもしれません。

別に高校受験にしたからといって悪いわけではない。義務教育ではないから、それなりに厳しい面がありますが、しかし、それは中学受験でも同じことなので、だからしっかり最初に体制を考えてみることが大事だと思います。




今後、投稿のタイミングを定時以外に増やしていきます。投稿のタイミングをTwitterでお知らせしていますので、ぜひフォローしてください。
Twitter


New
2021 合格手帳 5年生用4ー6月号のお知らせ

2021 合格手帳 6年生用4ー6月号のお知らせ



受験で子どもと普通に幸せになる方法、本日の記事は
長い目も持ち合わせる


算数オンライン塾
5月4日の問題




【塾でのご利用について】
フリーダム進学教室 WEB学習システムOEMのご案内

にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(指導・勉強法)へ
にほんブログ村

Pocket
LINEで送る

カテゴリー: 2022年受験に向けて パーマリンク