偏差値の差に惑わされない

Pocket
LINEで送る

偏差値は相対的な位置を数値化するものですが、その差には結構誤解があると思うのです。

例えば50人のクラスがいて、点数を偏差値化すると当然平均が50ですから、上は65ぐらいから下は40未満まで並ぶでしょう。しかし、平均からの乖離だから平均がつまっている限り偏差値65と40の差はそれほど大きくはなりません。

もちろん、全体が4万人レベルになってくれば当然差はあるわけですが、それでも途方もない、ということでもないのです。

例えば偏差値の5ポイントぐらいは実際の入試ですぐひっくりかえってしまう。だから、あまり偏差値にこだわらないことが大事です。

それよりは何ができるようになって、何が出来ないのか、ということをしっかり分析できている方が大事。すぐに45だから、みたいな考え方はしないことです。

偏差値はその対策によって結構大きく変わって、上昇するものでもあるので、あまり数値に惑わされないようにすることが肝要でしょう。

</a

今後、投稿のタイミングを定時以外に増やしていきます。投稿のタイミングをTwitterでお知らせしていますので、ぜひフォローしてください。
田中貴のTwitter




受験で子どもと普通に幸せになる方法、本日の記事は
眠い子




【塾でのご利用について】
フリーダム進学教室 WEB学習システムOEMのご案内



にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(指導・勉強法)へ
にほんブログ村

Pocket
LINEで送る

カテゴリー: 2022年受験に向けて パーマリンク