志望校は遠慮しない

Pocket
LINEで送る

クラスの順がある程度決まっている塾では、このクラスではこのくらい、みたいな合格の目安を親切心で教えてくれるところが多いようです。

まあ、別に高望みしてもいいですが、現実的にはこんなところで、と釘をさされるような、奥歯にものの挟まったようなそんな言い方をされて、思わず子どもが思っている志望校を口にできなかったりすることもあるようです。

しかし、別にそんなことは気にしない。

クラスはクラス、しかし志望は志望です。

ここまでがんばってきたのは、その学校に入りたいと思ってきたからではないですか。だとすれば、そこはやはり狙った方が良い。受験校を決める段階でいろいろ調整は利くものです。だから、今の段階で第一志望を降ろすことはない。

第一志望を変えるのは、子どもがあきらめたときだけです。これは無理強いできないですが、本人がその気ならそのままがんばってもらいましょう。



【NEW!】フリーダム進学教室からのお知らせ

2020夏期講習のご案内

2020 合格手帳夏休み特集号を差し上げています。

無料です。
2020 合格手帳夏休み特集号申し込み【5年生用】
2020 合格手帳夏休み特集号申し込み【6年生用】


受験で子どもと普通に幸せになる方法、本日の記事は
気分転換をどうするか


6年生の教室から
ミスを連発するとき


算数オンライン塾
7月14日の問題


4年生の保護者のみなさまへ中学受験パパママ塾「ONE」のご案内





「映像教材、これでわかるシリーズのご案内」(田中貴)

【塾でのご利用について】
フリーダム進学教室 WEB学習システムOEMのご案内

にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(指導・勉強法)へ
にほんブログ村

Pocket
LINEで送る

カテゴリー: 2021年受験に向けて パーマリンク