私学は英語既習クラスをつくるべき

小学校でも英語の学習が始まり、多くの小学生が英語を勉強しているようです。

教室の生徒たちも、結構英語の勉強が進んでいて、英検準2級を持っているとか、2級を持っている子がいます。でもこういう子どもたちが私学に入って、英語の授業が始まると、愕然とすることが多い。

つまりABCから始まるからです。

そんなの・・・と子どもが思うのは仕方がない。しかし、その不満な様子を見て、「生意気な」と感じる先生はいるものです。結果として、せっかく合格した学校に行きたくなくなった、という子も少なくありません。

なので、私学はぜひ英語既習クラスの設置を検討してもらいたいと思います。

英語既習クラスは確かに難しいところがあるのはわかっています。ここに子どもたちがどこまでできるのか違いがある。ネィティブクラスの英語力を持っている子もいれば、中学3年生程度、と言う子もいるでしょう。それを同じクラスで勉強させるというのも確かに難しいかもしれない。

しかし、英語を無学年化すれば、十分に可能ではあるのです。どのレベルのクラスにどの学年の子が来ても構わない。ただ英語の力でクラスを変える。となれば、未修の子どもたちの励みにもなるかもしれません。

先日、大学入試に関する英語検定試験の受験時期が発表されましたが、授業を英検やTOFELに合わせてみると、案外スムーズに進むかもしれません。

いずれにしても希望を胸に入学してきた子どもたちが英語の授業で絶望的な気持ちにならないように、ぜひ工夫してもらいたいと思います。


Newフリーダム進学教室からのお知らせ

2019年度6年生後期授業案内

【無料】2019秋の合格手帳9-11月号を差し上げます。


受験で子どもと普通に幸せになる方法、本日の記事は

すべての学校の過去問が準備できるとは限らない


6年生の教室から
落ち着いて勉強する空間


慶應進学館から
慶應湘南、活動報告書のフォーマットが変わりました。


4年生の保護者のみなさまへ  中学受験パパママ塾「ONE」のご案内




にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(指導・勉強法)へ
にほんブログ村

カテゴリー: 2020年受験に向けて パーマリンク