算数の基礎だけは夏休みに仕上げる

いろいろやらなければいけないことは多いのですが、夏休み、これだけ、ということになれば、やはり算数の基礎でしょう。

基本問題の大方の問題は、全部解けるようになっていないといけない。応用問題は良いですから、基本問題は解き方を忘れている、ということのないようにしたい。

例えば、すい体の表面積はどうするのか。流水算や通過算はどう解くのか、3進法を10進法に直すのはどうするのか?

こういうものが曖昧になっていると、応用問題を解く時にアイデアが枯渇します。これはこうだから、こうならないといけない、みたいな論理は基礎がてきていると割と出やすい。しかし、それが曖昧だとなかなか進まない。

どれか一つ、といわれたらこれでしょう。

だから、まずはこれを仕上げるつもりでしっかり計画を立ててください。

Newフリーダム進学教室からのお知らせ

2019年度夏期講習のお知らせ

New【無料】合格手帳「夏休み特集号」を差し上げます。


受験で子どもと普通に幸せになる方法、本日の記事は
調子に乗る子


6年生の教室から
ねばれ


算数オンライン塾
8月5日の問題


4年生の保護者のみなさまへ  中学受験パパママ塾「ONE」のご案内




にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(指導・勉強法)へ
にほんブログ村

カテゴリー: 2020年受験に向けて パーマリンク