問題にのまれない

算数の問題を見ていると、いかにも面倒だ、と思わせる問題があります。

なんか規則が面倒だ、あ、立体の切断、きらい、そういうイメージにとらわれて、ちゃんと問題を読まずにスルーしてしまうこともあるかもしれません。

しかし、そういうのは実はもったいないこともある。

ちょっと、問題を読むだけで(1)や(2)が取れてしまう。そうすると5点とか6点とかの違いになるわけです。試験の規模にもよりますが、5点違うと100人抜ける、ということもあり得るでしょう。

だから問題にのまれてはいけない。

いかにも面倒な問題に作り上げる、というのもひとつの罠ではあるのです。だからまずは良く問題を読みましょう。

Newフリーダム進学教室からのお知らせ

2019年度夏期講習のお知らせ

New【無料】合格手帳「夏休み特集号」を差し上げます。


受験で子どもと普通に幸せになる方法、本日の記事は
わかっていない答案


6年生の教室から
6年2学期から預かる子


慶應進学館から
「家庭での活動」のヒント


4年生の保護者のみなさまへ  中学受験パパママ塾「ONE」のご案内




にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(指導・勉強法)へ
にほんブログ村

カテゴリー: 2020年受験に向けて パーマリンク