持ち偏差値

摸擬試験が各塾で始まりました。

学校別の摸擬試験も最近は早まってきており、データがいろいろ出てくるでしょう。さらに7月から夏休みを経て、後半に入ってくると、ほぼ毎週摸擬試験というようなスケジュールになってきます。

で、結果はいろいろですが、その結果がすべてその試験での成績である、ということです。近年持ち偏差値、という考えがあり、その子のレベルがだいたいこの数字、というので、志望校を決めていくことがあります。

以前高校受験でも、この考え方があって、それぞれ自分の持ち偏差値がいくつ、というようなことを覚えておられる方があるかもしれませんが、これもまあ同じでしょう。

しかし、子どもたちは成長するし、試験によっていろいろ結果も変わることがある。ずっと偏差値45だから、45という決め方は決して先先の考え方としては良くないところがあります。

確かにその試験では45であった、しかし、次は違う、ということでないと、成長は望めない。

つい、持ち偏差値の数字に捕われてしまいがちですが、まだまだこれからです。

フリーダム進学教室からのお知らせ

2019年度夏期講習のお知らせ

New【無料】合格手帳「夏休み特集号」を差し上げます。


受験で子どもと普通に幸せになる方法、本日の記事は
このやり方で大丈夫か?


6年生の教室から
優先順位の違い


算数オンライン塾
6月14日の問題


新4年生の保護者のみなさまへ  中学受験パパママ塾「ONE」のご案内




にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(指導・勉強法)へ
にほんブログ村

カテゴリー: 2020年受験に向けて パーマリンク