第381回 合格点を意識する

■ これまで組み分け試験では、偏差値を意識した勉強をしてきたかもしれません。あるいは、何クラス以上にはいる、とか、まあいずれにしても順位を上げることが目標になってきたと思うのですが、これからは合格点を意識した方が良いと思うのです。

■ 志望校によって合格点はさまざまです。合格ラインは7割~8割程度というところもあれば、55%程度というところもある。案外学校によって幅が広いのです。

■ 中学入試はそれぞれの学校が入試問題をつくる独自入試ですから、出題傾向もそれぞれだし、合格点も幅が広い。したがって入試問題に特化して考えていくべきなのです。

■ 摸擬試験は1種類の試験ですべての学校の判定をするので、土台実際の入試とはかけ離れています。学校別傾向によっては、摸擬試験の合格率が50%未満であっても実際の入試ではもっと高い点数がとれる子もいるのです。むしろ、そうならないといけないところがある。

■ だからこれからは志望校の入試の合格点を目指して勉強をしていってほしいと思います。

Newフリーダム進学教室からのお知らせ

2019年度夏期講習のお知らせ

New【無料】合格手帳「夏休み特集号」を差し上げます。


受験で子どもと普通に幸せになる方法、本日の記事は
夏に算数の力を上げる


6年生の教室から
本当に合格したいと思っているか?


慶應進学館から
中等部、算数の解答形式


4年生の保護者のみなさまへ  中学受験パパママ塾「ONE」のご案内




にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(指導・勉強法)へ
にほんブログ村

カテゴリー: 2020年受験に向けて, なおなお母親講座 パーマリンク