急ぎ始めると

Pocket
LINEで送る

新4年生の保護者のみなさまへ  中学受験パパママ塾「ONE」のご案内

「最初はちゃんと問題も読んだし、確認もしたの。でもだんだん急いで来たら、そんな余裕はなくなって、ついぱっと読み始めてしまって、その条件を見落としちゃった。」

ミスの原因はここにあります。試験は時間が決められている。その決められた時間の中でできるだけ高い得点をとることが求められているわけで、だから急いだらいけないのです。

急げばミスは増える。増えれば正解率が下がる。だから合格点がとれないのです。

7割の着手率で10割の正解率と、10割の着手率で7割の正解率とは得点で言えば同じ70点。

しかし、10割の着手率はすぐに7割に落ちるので、そこで7割の正解率だと50%を切ってしまいます。

だから、7割の着手率でいいから、正解率を100%に近づける方が明らかに点数は高くなるのです。

最後までおわらずとも、やった問題が全部正解ならかなりの得点になります。

急ぎの虫を抑えて、正解率を高めていきましょう。


Newフリーダム進学教室からのお知らせ
春期講習のお知らせ


【無料】春の合格手帳、差し上げます。


受験で子どもと普通に幸せになる方法、本日の記事は
家庭の選択に自信をもって


5年生の教室から
模様替え


慶應進学館から
慶應湘南 一般枠の英語テスト





にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(指導・勉強法)へ
にほんブログ村

Pocket
LINEで送る

カテゴリー: 2019年受験に向けて パーマリンク