最も注意すべきこと

いよいよ東京、神奈川の入試初日を明日迎えます。

で、毎年同じ事を言っている感じがするのですが、最も注意すべきことは、「問題を良く読む」ということです。

問題の条件も、問題の指示も、全部、問題文に載っているわけで、したがってそこをしっかり理解することが大事。

算数のミスで一番多いのは、問題の読み違いです。条件を勝手に取り違えたり、求められている通り答えを出していなかったりする。国語も本文にすべて答えの根拠があるわけで、そこを読み飛ばしてしまうと、違う答えを書いてしまう可能性がある。

だから、何より問題文をしっかり読むということが大事なのです。

入学試験では、やはり緊張するとは思うのですが、その中でもとにかく問題文をていねいに読む。大事だと思うところには印をつけ、答えを書くときはもう一度確認して求められている通りに答えを書いてきてください。

ミスが少なければ合格点に近づきますから、最後まで気を抜かず、ていねいに問題を解いてきてください!!


スタディルーム、WEB学習システム、無料体験実施中です。

スタディールーム、GHキャンセル待ち受付


受験で子どもと普通に幸せになる方法、本日の記事は
合格の仕方はいろいろある


6年生の教室から
自らを頼め


慶應進学特別から
2018出願数







にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(指導・勉強法)へ
にほんブログ村

カテゴリー: 2018年受験に向けて パーマリンク