子どもの受験です

New本年度 最終回 オンライン中学入試説明会「慶應学校別説明会」のお知らせ

子どもと一緒に受験勉強の準備をしていると、親の方の思い入れが段々強くなってきます。

で、だれの受験かわからなくなってくる。

実際に志望校に合格できなかったために、その後も
「こんな学校に入れるために頑張ってきたんじゃない」とつい子どもの前で漏らして、親子の関係が完全にキレてしまった家庭がありました。

そう言われた子は、どういう想いになったのか・・・、そういう風に親がなってしまわないためにはどうすればいいでしょうか。

単純に言えば、これは子どもの受験である、という意識をしっかり持つことです。

親が手伝ってあげるのはいいが、「私が入れるんだ」というような気持ちにはならない方が良い。

そういえば・・・。

以前、家出をしてきた中学生がいました。

相当派手な親子げんかをした挙げ句、「あんたなんか、お母さんがいなかったら、この学校になんか入らなかったんだから」とやってしまった。

それで子どもが完全にキレてしまった。で、どういうわけか私のところにやってきて、涙を流しながら

「先生、オレの力で入ったんだよね」と言ってましたから、相当悔しかったんでしょう。

ということで、今、頑張っているお父さん、お母さん、くれぐれも気をつけてください。

あくまで子どもの受験ですから。


New
新年度生スタディールームオンライン、無料体験のお知らせ


New【無料】秋の合格手帳、差し上げます。


フリーダム進学教室 新連載 学校訪問シリーズ
New第7回 浦和明の星


受験で子どもと普通に幸せになる方法、本日の記事は
ピークのもっていき方


5年生の教室から
説明会で最も注目すべきポイントとは


慶應進学特別から
選択肢を最後で間違える







にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(指導・勉強法)へ
にほんブログ村

カテゴリー: 2019年受験に向けて パーマリンク