集合時刻

入試の日、集合時刻のどのくらい前に着けばいいか、というのは難しい問題です。

普通に考えれば20分前ぐらいに着けばちょうどいい。

あまり早く行きすぎて待ち時間が長くなるのは、やはりあまりよくない。子どもたちが緊張する時間が長いわけだから、待ちくたびれてしまう。

しかし、一方で多少、電車が遅れても充分、という時間にはしておきたい。

ということを考えると、やはり30分というのがひとつの目安になるかもしれません。

例えば8時半が集合時間だとすれば、8時に到着する、というイメージ。

8時半が集合時間であったとしても、8時半に試験は始まりません。

そこから、点呼、試験を受ける上での注意事項などの説明があって、そこから20分か30分経って試験が始まる。

ということは30分前に着いても試験まで1時間近くは空いている、ということになります。

だから、これ以上前に行くと、さらに待ち時間が長くなるので、子どもたちが疲れてしまう。

確かに人身事故などがあって、電車が止まることは充分考えられるわけですが、しかし、公共交通機関が止まれば、学校はそれなりに対応することになっているので、あまり早く行きすぎる必要はないのです。

もちろん、2通りぐらいの行き方を調べておく必要はあるかもしれません。

それよりも、近いから、あるいは便利だからというので自家用車を使ってはいけません。

これは、渋滞にはまって、あるいは事故にあって遅刻した、といっても、それは時間調整の対象には本来ならない。

多少不便であったとしても、公共の交通機関で行くということは大事なことです。

まあ、もちろん最寄駅まで車、というのはかまいませんが。

いよいよ試験が始まっていますので、細かな準備を粛々と進めてください。


2018フリーダム進学教室入会案内


受験で子どもと普通に幸せになる方法、本日の記事は
入試の答え合わせはするべきか?


5年生の教室から
習いごとやスポーツをやめてはいけない理由


中学受験 算数オンライン塾
1月10日の問題





にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(指導・勉強法)へ
にほんブログ村

カテゴリー: 2019年受験に向けて パーマリンク