第269回 いつまでも面倒が見れるわけではない

■子どもだから、そう何でもできるわけではない。最近はいやな事件もあったので、送り迎えも不安だし、ついいろいろ手を出してしまうことが多いでしょう。

■一方で、そう長々と面倒が見れるわけでもない。子どもも、どんどん成長していくわけだから、自分でやれるようにしていかないといけないわけです。

■で、そのバランスが難しいところではあるものの、やはり今の時代は過保護になっている部分が多いでしょう。子どもが本来できることを親がやってあげてしまう。

■そうすると、子どもは自分でやらなくてすむのだから、当然やらない。やらなければできないので、さらにやらないということが起きるのです。

■だから、常に自問自答している必要があります。本当にこれはやってあげないといけないことだろうか?案外親がやってしまった方が簡単なのですが、それは子どもの成長の機会を奪う可能性もあるのです。

■なので、まずはやらせてみる、ということを考えてください。勉強以外のことで言えば、相当いろいろなことができるようになっているはずです。

=============================================================
5月27日 ”追加”中学入試説明会 「学校別対策の考え方」のお知らせ
=============================================================


受験で子どもと普通に幸せになる方法、本日の記事は
遊ぶときは徹底的に遊ぶべきだ


6年生の教室から
幼い子の弱点


今日の慶應義塾進学情報
地方からの慶應受験





にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(指導・勉強法)へ
にほんブログ村

カテゴリー: なおなお母親講座 パーマリンク