第211回 これまではどうであれ

◾️ いよいよ入試まで3カ月になってきました。関西や埼玉、千葉はもうあと2カ月という感じでしょうか。

◾️ これまではどうであれ、これからはとにかくがんばる、ということが大事です。ここでしっかり自分なりによくがんばった、という気持ちが持てれば、受験の結果は別にしても、がんばる実績ができたわけだから、子どもたちの成長にとってプラスになります。

◾️ がんばったのに残念だったら、やはり悔しいだろうし、泣いてもおかしくはない。また合格すればそれはとてもうれしいだろうし、がんばったからできるようになった、という実績が出来上がっているわけです。

◾️ しかし、それが中途半端であるとすると、失敗しても「ま、仕方がないね」だろうし、合格しても「このくらいで大丈夫なのか」みたいなことになると、先先、あまり良い結果にはなりません。なんとかなるんじゃない?ぐらいについ考えてしまう。実際にはそう簡単にはいかないわけで、まあ、それで失敗してあとからもう一度がんばればいいわけですが、しかし、そういうのは早めに経験した方が良いわけです。

◾️ 受験が子どもたちの成長にプラスになるだろうなあ、と感じるのはこの時が一番。だから、この時期はとにかくがんばる。本人なりに「よく勉強したなあ」と思えるようであれば、良い準備ができたと思います。

==============================================================
中学受験で子どもと普通に幸せになる方法、本日の記事は

メガネと写真
==============================================================
今日の慶應義塾進学情報

面接の練習のポイント
==============================================================

==============================================================

==============================================================

==============================================================
にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(指導・勉強法)へ
にほんブログ村




カテゴリー: 2016年受験に向けて パーマリンク