積み重ねが大事

Pocket
LINEで送る

もうカリキュラムもいったん終わったし、一通り復習もやったはずなのに、まだ簡単な問題ができない、というようなことは当然あるでしょう。

 中学受験の範囲は学校の範囲で言えば、小学校全部と中学校の3分の2ぐらいの範囲になるわけで、ある意味とてつもなく広いのです。もともと小学校の範囲では差がつかないから、これだけいろいろと広がってきたわけで、その分ある程度のところまでいく、というのは大変なのです。

 しかも、最近は昔の飛び級並みにスピードをあげているので、そう簡単に習得できるわけではありません。

 だから、慌てないでください。

 今までやったことが間違っているわけでもなく、子どもたちがサボったわけでもありません。今できないことを少しずつできるようにする、その積み重ねで、やがてできるようになっていくし、それでも到達できないところはあるでしょうが、なに、全部ができなくとも合格はするのです。

 実際に中学に入ったあと、子どもたちが遊びに来て、現役の6年生と勝負をしたりすれば、まず負ける。

 そりゃあ、ピークのときはできたかもしれませんが、それからしばらく経って仕舞えば、違うことはできるようになっても、前できたことがすべてできるわけではないのです。

 いろいろと積み重ねていった力で勝負するだけのことなので、今過去問をやってできないからといって慌てない。

 できないところは解説を読んで、納得していければいいのです。

受験で子どもと普通に幸せになる方法、本日の記事
ここから最も大切にしなければならないこと


フリーダムオンライン-学習のヒント-
子どもそれぞれに成長の違いがあるから


慶應進学館から
配点の違い




【(株)邦学館からのお知らせ 】
WEBワークスを塾・個別指導でご利用いただける「フリーダムスポット」のご案内



読んでいただいてありがとうございます。
にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(指導・勉強法)へ
にほんブログ村



Pocket
LINEで送る

カテゴリー: 2023年受験に向けて パーマリンク